行政書士とは?カテゴリの記事一覧

行政書士とは? 


扱える書類5,000種類以上。幅広く活躍できる「町の法律家」

「世の中の変化」や「法改正」でいっそう有利に!


行政書士は、個人・商店・企業と官公署などをつなぐ「身近で頼りになる法律家さん」です。

行政書士の仕事は、会社設立、飲食店の営業許可など行政機関への手続きに関連する書類の作成や提出代理から、書類作成の相談にのるコンサルティング業務まで多種多様です。

扱える書類は5000種類以上と言われており、業務範囲の広い国家資格です。



■行政書士の業務概要


(1)書類作成業務

 小さい会社を立ち上げるにしても、定款づくりや諸官庁への届出が必要ですし、業種によって許可申請書なども作成し手続きしなければなりません。更に助成金を申請するための書類や、会計帳簿なども作って行く事になります。

 個人のレベルでも、様々な問題にからんで、正しい法律知識に裏づけられた書類作成を求められるシーンは数多くあります。

 行政書士は、専門家でなければ難しいこれらの書類作りを、当事者に代わって行います。



(2)提出手続代理業務

 上記のような書類を作成するだけでなく、行政書士は、それらを提出する手続きまでも代理します。依頼主からは、便利で頼りになる専門家として重宝な存在です。



(3)契約書等代理作成業務

 市民同士の契約書なども代理人として作成することができます。この「代理権」を近年認められたことで、行政書士活躍する範囲は飛躍的に拡大しました。
モノやお金の貸し借り、売り買い等の契約書づくりといった高頻度の仕事に携わるようになりました。



(4)相談業務

 行政書士は、書類の作成について相談に応じ、報酬を得ることもできます。
法律アドバイザーとして、用意すべき書類、申請の条件や方法などを、依頼主に説明、指導します。

また最近では、書類作成にともなうより広範囲の業務に進出し、相談された問題の法的解決を進言したり、新ビジネスの提案をしたりといった、コンサルティング業へと手を拡げる行政書士も増えています。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。